シースタイルで幻の「ビワマス」を釣る!

ヤマハマリーナ琵琶湖に新登場した「シースタイル ビワマス満喫プラン」が面白い!!機材一式はもちろんレンタルOK、ビワマス釣りに精通したフィッシングガイドも同乗して釣り方をレクチャーしてくれるので、手ぶらで参加できる嬉しいコースです。

ヤマハマリンクラブ・シースタイル
ヤマハマリーナ琵琶湖に新登場した「シースタイル ビワマス満喫プラン」が面白い!!:画像

ヤマハマリーナ琵琶湖に新登場した
「シースタイル ビワマス満喫プラン」が面白い!!

機材一式はもちろんレンタルOK、ビワマス釣りに精通したフィッシングガイドも同乗して
釣り方をレクチャーしてくれるので、手ぶらで参加できる嬉しいコースです。

ビワマスとは?

ビワマスとは「幻の魚」と言われるほど珍しい魚で、水深20メートルから40メートル(水温によって変化)に生息し、主に小魚を主食としています。
油の乗ったビワマスは弾力がありながら舌の上で溶ける最上級の食感が楽しめますが、市場での販売が規制されているので、その美味を味わうためには自分で釣るしかありません。
しかし、ビワマス釣りはルアーを流す水深と速度の微妙な調整が必要な繊細な釣りのため、「一度は釣ってみたい」と思っても中々釣れる代物ではなく、その点でも「幻」の魚と言われるのもうなづけます。
漁期は12月~4月頃までで、冬場の琵琶湖の楽しみ方として近年大変注目されています。

ビワマスを釣ろう!

ビワマスを釣ろう!:画像

機材一式レンタルOK!

ビワマスは水深20メートルから40メートル(水温によって変化)に生息し、主に小魚を主食としています。
ダウンリガーを使用して生息層の水深に正確にルアーを流さなければならず、写真の様なダウンリガー装備を施したボートが必要となりますが、ヤマハマリーナ琵琶湖なら機材一式のレンタルもOKです。

ビワマスを釣ろう!:画像

釣りに最適なボート配備!

ボートスピードは時速約3km程度の微速でルアーを流しますが、風下に向かって走る場合には最微速にしてもスピードが上がり過ぎるため、シーアンカーなどの抵抗物を引っ張りながらの走行を行うなど、ルアーを流す水深と速度の微妙な調整が必要な繊細な釣りです。
ヤマハマリーナ琵琶湖でレンタルできるG3ポンツーンボートなら、微速でのボートコントロールもしやすく、ビワマス釣りには最適な一艇といえます。

ビワマスを釣ろう!:画像

ガイドも同乗で安心!

ビワマス釣りに精通したフィッシングガイドが同乗。
ダウンリガーなどの独特な機材の使用方法から、ルアーを流す水深や微妙な速度調整までビワマス釣りの方法を丁寧にレクチャーしてくれるので安心です。

ビワマスを釣ろう!:画像

お客様にご留意頂きたい点

琵琶湖では船舶を用いたビワマス釣りは承認制です。
個人がビワマス釣りをする場合は琵琶湖海区漁業調整委員会への届出が必要です
※詳しくはお申込み時にマリーナスタッフにお尋ねください。

ビワマス釣りにチャレンジ!Report

兵庫県明石市在住のシースタイル会員Sさんご一家がG3ポンツーンボートをレンタルし、ビワマス満喫プランでビワマス釣りにチャレンジしました。
日頃は瀬戸内で鯛ラバにハマっているSさんも、ビワマス釣りは初めての体験。
ルアーやタックル、ダウンリガーも初めて見るものばかりのため、フィッシングガイドの大島さんに手取足取り教えてもらいました。

魚探反応を見ながら水深22メートルにセットして流す事20分、見事最初のヒットがあるものの、リリースサイズ※のため残念ながらリリースし、次なるヒットに期待します。
待つこと20分で左右のロッドにアタリがあり、右舷側は途中でばらしてしまったものの左舷側はきっちりとキャッチ。
サイズも大きく、初めてのビワマスの刺身の楽しみが大きく広がります。
※生態系保護のため魚体が小さく規定のサイズ以下の場合は逃がす必要があります。

お昼の時間になったので、一旦竿をしまい、北湖クルージングに出かけます。
ヤマハマリーナ琵琶湖では、事前に予約をすればお弁当のケータリングサービスもOK。
琵琶湖随一のパワースポットでシェフの作った美味しい食事を堪能しました。

食事の後は琵琶湖の景勝地巡りや紅葉見物なども自由にできるのもシースタイルの魅力。
6時間のボートレンタルをすれば、釣りもクルージングも自由自在に楽しめます。

お問い合わせ

フリーダイヤル0120-808-414

TEL:077-578-2182

受付時間:9:00~18:00 ※10月~3月は9:00~17:00
定休日:毎週火曜日 ※11月~3月は毎週火・水曜日定休